05住宅ローンは金利で決める!繰上げ返済もポイント

住宅ローンで一番大切な事はなんと言っても金利です。大抵の人は住宅ローンは何十年もの長い期間で組みますよね。そんな長い返済期間の中ではとてもわずかな金利の差であっても何十年もの時間の中では大きな利息になって帰ってくるのです。ですから住宅ローンを選ぶときに一番重視すべきなのは金利が高いのか、安いのかという事だと言えます。最近では35年全期間固定金利という住宅ローンがあったりしますが、その住宅ローンは金利の面で他の商品と比べて本当に有利なのか、例えばファイナンシャルプランナーの人にシミュレーションをしてもらうなどの検討をした方が良いですね。場合によっては全期間固定の住宅ローンを選ぶのではなく、借り換えを前提としたプランを組む方が、トータルして利息を払う金額は安くなるという事もあるものです。一方で金利の安い住宅ローンを選ぶことと同じくらい大切なことが、繰上げ返済がしやすいかということです。繰上げ返済をコツコツとしていくとトータルの返済額を抑えることができ、これは住宅ローンを上手に利用していく上でとても大切なことです。繰上げ返済をすると大抵の住宅ローンではその分がそのまま元金の返済に充てられます。するとそれ以降はその分の金利は払わなくても住むのです。繰上げ返済にあたっては、手数料がかかるのか、繰上げ返済ができる単位、また繰上げ返済はいつでもできるのかなど、住宅ローンによってその条件は異なってきます。最近では手数料無料、繰上げ返済の単位は1円から、しかもいつでもATMで繰上げ返済が出来るといった便利が住宅ローンがあったりもします。そんな住宅ローンはとても使い勝手がよく、金利が安い住宅ローンと同じくらいの使い勝手のよさを発揮してくれるものです。住宅ローンを選ぶ時は金利の安さと同じくらい、繰上げ返済のしやすさを重視すると良いと思いますよ。是非、参考にしてみて下さいね。