02住宅ローンの金利はバカにならない

私が住宅ローンを組んでマンションを購入したのが、1990年代後半でしたから、バブル全盛期の8%超えから考えるとかなり安い金利でした。それでも一生に何度もない高額な買い物ですから家やマンションを購入するときは高価な買い物になりますから、少ない金利だったとしても結果的に多額の返済金になってしまいました。当時は車のローンもありましたし、子供の養育費などでなにかと出費のかさむ時でしたから、購入した当初は自宅を持てたことの喜びばかりで、長期間のローン返済がいかに大変なのかはあとになって実感させられました。自宅などの高価な買い物は、あまり慎重になり過ぎると購入するタイミングを逃してしまうということもあるでしょう。たしかに長期間のローンを考えると、30代までには購入しておきたいのですが、だからといって何が何でも買わなければと、頭金もほとんどなくてローンを組んでしまってから、支払に窮することになっては意味がありません。住宅ローンはある程度の頭金がたまってから購入するのがいいでしょう。